歯科臨床の羅針盤2―思い込みの歯科医療からの脱却―


日常臨床でありがちな「思い込み」を
各分野のエキスパートが一刀両断!



【監著】
水上哲也
長谷川嘉昭

【著】
相田 潤
天野敦雄
岩山智明
小濱忠一
杉 政和
高橋 啓
髙橋 聡
内藤 徹
蓮池 聡
福島正義
藤木省三
村上伸也

AAPとEFPによる
歯周病の最新分類に関する解説も掲載!

日常臨床で陥りがちなさまざまな「思い込み」について語った監修者による座談会をはじめ、インプラント周囲炎、ガイデッドサージェリー、高齢者への歯科治療、根面う蝕、予防、エビデンスとの向き合いかた、そして医療経済など、さまざまな面における「思い込み」と「これから持つべき視点」を解説。
また、話題のAAP・EFPによる「歯周炎の新分類」についても詳しく解説。各分野をリードしてきたエキスパート&新進気鋭の臨床家と研究者だから書けた、これからの歯科医療に欠かせない考えかたと対応法が学べる一冊。


【目次】

最新トピック2018-2019
変わる歯周炎の分類 ―新たに導入された「ステージ」と「グレード」とは?―
岩山智明/村上伸也
巻頭座談会
『思い込みの歯科医療』からの脱却
水上哲也/長谷川嘉昭
PART 1 思い込みの歯科医療からの脱却 
1.「う蝕と歯周病は完治する」という思い込みからの脱却 天野敦雄
2.「治さなければならない」という思い込みからの脱却 杉 政和
3.「コンピュータガイデッドサージェリーは安全」という思い込みからの脱却 髙橋 聡
4.「インプラント周囲炎は予防できない」という思い込みからの脱却 小濱忠一
5.「う蝕は減っている」という思い込みからの脱却 福島正義
6.「予防 vs 治療」という思い込みからの脱却 藤木省三
7.「訪問歯科診療は私の仕事ではない」という思い込みからの脱却 高橋 啓
8.「論文はすべて正しい」という思い込みからの脱却 蓮池 聡

PART 2 思い込みの歯科医院経営からの脱却
1.「補綴治療がなければ歯科医院経営は成り立たない」という思い込みからの脱却
相田 潤
2.「提供する歯科医療の内容は不変である」という思い込みからの脱却 内藤 徹


サンプルはこちらから

【サイズ】 A4判
【ページ数】148ページ
【販売価格】9,288円(税込)

【お求めは】
もよりのディーラー様 チラシデータをダウンロードの上、ご担当者様にお渡しください。
チラシダウンロードはこちらから


0 件のコメント :

コメントを投稿